FC2ブログ

「強い人間」「弱い人間」

麦秋
麦秋

「強い」人間と「弱い」人間

   NHKの日曜日の大河ドラマの視聴率が過去最低であるらしい。私自身は、そもそもNHKの大河ドラマは意図してみないので、「だから?」という話だが、新聞の番組情報のページは丹念に読むので、そういうことは知っている。「記者レビュー」という欄があって、署名で、番組の裏情報や感想が載っている。信毎の「怪しいテレビ欄 町山広美氏」のコラムと同様、ここは良く読む。6月28日付の内容は、大河ドラマ「いだてん」に描かれる人物が、みな「弱い」人間であることに触れていた。だから「視聴率が悪い」というのではなく、その記事は「弱い」人間の「人間らしさ」を肯定的に扱っていて、その記事もやさしい。(筆者は真野記者)「そうか、では見てみようかな」と思った次第。実のところ、1993年の大河ドラマで「琉球の風」というのや「徳川慶喜」は見ていました。どちらも主役が弱かったような・・
  
    そう「強い」と「弱い」は裏返しなのですね。「徳川慶喜」のモックンが、拳を膝の上でギュッと握りしめ、無血開城の屈辱に耐えるシーンが印象に残っている。「琉球の風」の沢田研二もヤマトンチュの横暴に耐えに耐えというシーンばかり。武力で「弱い」は精神的には「強い」でないと務まらないのです。
  
    私が本当に「弱い」なと思うのは、先だっての「森友加計問題」時に国会で証人された、元理財局長の「佐川さん」とか、先日の「統計資料」不正問題の厚生省役人とか、今回の「年金2000万不足」問題時の金融庁のワーキンググループの座長(はなぜ反論しないのだろう?)が浮かぶ。「弱いな」と思う。麻生さんじゃありません。自分のやっていること、とくに自分の専門を自信もってやったことなのに、大臣からあのように却下されて、プライドズタズタじゃない?と思うのに、反論できない。「自分になさけない」と思っているかどうか?ですね。家族を守るため?? うーん、家族はそう思ってないと思いますね。
  そう、「強い」「弱い」は自分に対して。「克己」できるかどうか、そこに判断基準がある、と思います。
スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Ali  Batoota 

Author:Ali Batoota 
アリ バトゥータ
年齢・性別・国籍-不詳
関心事は、ファッション、政治、教育、言葉、生物、映画-なんでも

but,I have my own opinion.

最新記事

最新コメント

カテゴリ


« 2019 08  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR