FC2ブログ

2つのTVドラマ②

IMG_4222 (480x640) やまぶき


② 二つめは「やすらぎの刻~道~」です。 えーっと気が抜けてしまうでしょうか。「昼ドラかー」と。しかし、どっこい、こんなところで骨太のTVドラマを延々とやっていたなんて。 本来NHKでやってほしかったと思います。元々は一昨年の「やすらぎの郷」の続編シリーズです。その時は、単に懐かしの俳優たちが出演する、というので「見てみた。」「見てみたら」やはりただものではなく、老人問題(認知症から恋愛問題まで)を老人俳優たちが本気で演じることで、嘘っぽくなく、視聴率もとったのでした。そして、その続編でまた同じことを、やるかと思えば、見事に裏切られ(倉本 聰に)なんだ、若者の成長期もののNHKの朝ドラの追随か、と思ったら、また裏切られ、本当は、倉本聰がやりたかったことはこれだったのか、ということが今や、明らかになりました。テーマは「戦争というもの と 市井の人」です。脚本が実に巧みな、入れ子構造になっています。
  
  「やすらぎの郷」の続編でありながら、骨は昭和16年頃の戦前から戦争に突入する時期の農村が舞台であり、その人たちの
運命(戦争に翻弄される)であり(私たちは、その後の満蒙開拓団を知っているが故に、その時代と現在の私たちが入れ子として重なり合う)また、その時代でもやはり老人たちが問題を引き起こし(問題は問題ではない)いつか老人になる青年の恋と入れ子構造になっているのです。「認知症の老人が、かつて若いころ、愛した相手に会いに行くと言って、山道を三里も歩くだろうか?」という問に、主人公の青年が「俺たちも、いつか老人になって・・・(みればわかる)」とは言いませんが、そのように思いを馳せるとき、初めて老人問題を考える視点が示されるのです。 そして、いつも戦争では、弱者が犠牲になるがゆえに、「問題」になってしまい、だからこそ、戦争へのストッパーになるのですが・・・このような国策として戦争を、正面きって批判をする。テレビ朝日の昼帯の時間に展開するのに、倉本氏が前シリーズの高視聴率を利用したのでは、と私は、勘繰るのです。実に何重にも入れ子構造なのです。

スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Ali  Batoota 

Author:Ali Batoota 
アリ バトゥータ
年齢・性別・国籍-不詳
関心事は、ファッション、政治、教育、言葉、生物、映画-なんでも

but,I have my own opinion.

最新記事

最新コメント

カテゴリ


« 2019 08  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR