FC2ブログ

政治の問題にしたい

ヤマボウシ (480x640)
M家のヤマボウシ

   「炎上しても言う『新幹線死傷、虐待殺人の容疑者らの生い立ちが知りたい』」という記事をネットで読みました。カンニング竹山という方が、「炎上する」覚悟で本音を書いたのでしょう。こんな程度で「炎上」ってするものなのか、よく知りませんが、この方の言わんとすることはよくわかります。この方は、「もどかしい、原因を知りたい」と思っているのです。そして「家庭環境が原因なら」本当に、「犯人が育った家庭環境をなんとかしたい」と思っているようです。だから、そういう子供の(候補者)がいたら自分が育ててもいい、とさえ言っているのです。あまりにナイーブで「炎上」する理由はないように思います。

 私は「無理」だと思います。子供を「育て直し」することもできないし、「そういう家庭環境」を無くすこともできない、と思います。
 もう一つ、6月20日配信の、同じ事件(6月9日 新幹線での無差別殺傷事件)を受けて、こちらは精神科医の片田さんという方の、犯人の心理分析です。「無差別殺人を考える際は、彼らにとってそれが一種の自殺であるという点を理解することが重要です」と述べています。他殺願望→自殺願望が逆転して自殺願望→他殺願望、になることもある。復讐願望が強いと、そしてその人に復讐できないと無差別殺人になることがある、と。

   こちらは学説らしく、私も納得するような、そして、こういうパターンの事件が増えていることも事実のような、気がします。でも、「親に復讐したい」←「家庭環境が悪い家庭が多い」←「では、俺が(竹山さんのような面倒見のいい方が)面倒みてやる」で、解決するのかは極めて疑問です。「家庭環境」や「殺したい(と子が思う)親」というのは
どういう「環境」「親」かは、なかなか決め難く、確かに、竹山さんは、「身近のAV嬢何人かに聞きました」を学者のように、実践して、かなりな確証をつかんだようではあります。私も、自分の育った周りの環境を見渡して、竹山さんと同じくらいの心証を得てはいます。
   悲惨な家族を多く目にします。「悲惨」の意味は、まず、貧しくて(親の代から、またその親の代からか)教育意識が低く(高すぎる場合も稀に)家族に病気の人が居て(自分の場合も)それが再生産されるような家庭です。新幹線殺傷事件の容疑者も「生きていて何もいいことがない」と言っています。胸がつぶされるような思いです。

    (ここからが、炎上です)不幸にも殺された方がいました。彼の行為は立派です(本当に)でも、みんなが「立派」と思ってくれます。立派な肩書、高徳な性質、幸せな家庭-突然に殺されることは理不尽ではありますが、死はたいてい理不尽です。「あんな」容疑者に殺されることこそが理不尽です。高徳な人が高徳な人に殺されることは少ないです。でも、この差がもう少し、小さくあったら、と思います。まず、経済格差です。つぎに教育格差です。病気などの弱者の救済策も要ります。すなわち、社会のありようを考える、そういう政治家がもっといたらな―と思います。

スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Ali  Batoota 

Author:Ali Batoota 
アリ バトゥータ
年齢・性別・国籍-不詳
関心事は、ファッション、政治、教育、言葉、生物、映画-なんでも

but,I have my own opinion.

最新記事

最新コメント

カテゴリ


« 2018 10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR