FC2ブログ

「矜持」「節度」「おもいやり」は死語?

イギリス海岸 (478x640)
イギリス海岸

   最近、「電車で化粧はみっともない」かどうかの議論が再燃しているようです。曰く「だれの迷惑にもならないじゃん」「働くOLに対する差別だ」という賛成論(「ほっといてくれ」論)に対して、「みっともない」「自分のスッピンをさらすのは恥」というどうも弱い論。
「そもそも、こういうことが女にばかし対して言われるのは、男のやっかみじゃないの?」「ケータイ電話はどうなの」-「電波の問題なんて、ないってよ」
とか「じゃあ、働くOLに女性専用車両まで作ってあげて、逆差別でしょ」とか。ベビーカーの乗り込みまで、話しは広がり、「混んでるときに乗るなんて迷惑」これは、女性からの発言が多いようで・・・・・・・・・・・・・・・・本当に、この手のやりあいが、とっても多くて、解決方法があるわけでもなく法律を制定する問題でもなく、そして、すべてがポピュリズムあるいは、ヘイト、あるいは戦争へ向かって収斂されていく感じがしている今日この頃です。

  そんな時、キラリと光る文章に出合います。矢部万紀子「車内化粧とコンビニおでん」(2016.11.28 WEB RONZA)矢部さんは今は亡きナンシー関さんの文章を引いて、「コンビニでおでんを買う時、卵は1個なら1個。いくら好きでもそれを守る●●」●●には「矜持」だったか「節操」だったか「気概」だったか、もっと柔らかな言葉だったか・・」
「とにかく、時々『卵は1個なら1個』と確認している私がいる」と言っています。

   もう一つ、信濃毎日新聞「怪しいTV欄」 町山広美さんのこの欄を私は愛読していますが、、11月30日のTV評で、NHKスペシャル「終わらない人:宮崎駿男」を取り上げています。その中で、名前は忘れましたが、IT企業の人が、『おかしな歩き方をするロボット漫画キャラを発明した』と宮崎さんに得意げに見せに来る場面があるそうです。それに対して、宮崎さんが『私は楽しめません。いつも、朝会う、障がい者の方を思い出すから』と述べる場面があります。そして町山さんは、こう締めくくります。「なんでも、限界を超えた、と言って、それを良いことにする風潮がある」と。「しかし、そこには、なにか欠けていませんか」と。

   私は、その「欠けている」ところに、やはり「節度」とか「倫理」とか「思いやり」とかと言った言葉が入るような気がします。上述の、答えのでない問題。ああ言えばこう言うではなく、「節度」「矜持」「おもいやり」といった言葉がファーストであるべきだと思います。そうすればおのずと、答えは得られるのでは?と強く思うのです。

スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Ali  Batoota 

Author:Ali Batoota 
アリ バトゥータ
年齢・性別・国籍-不詳
関心事は、ファッション、政治、教育、言葉、生物、映画-なんでも

but,I have my own opinion.

最新記事

最新コメント

カテゴリ


« 2018 12  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR