FC2ブログ

感じいい/わるい?

感じいい風景 (478x640)
感じのいい風景

錦の御旗―感じの悪い風潮
   私のこのブログでは、政治についての論評はあまりしない、つもりでした。なぜなら、[論評]というと聞こえはいいですが、好き勝手ないい草しかできず、論になってないのは目に見えているからです。「論」というからには実証しなくてはならず、そんなデータ
や文献を読むひまもなく、無責任なことを吠え立てても、「うるさい政治じじい」か[床屋談義]にしかならないことがわかっているからです。しかし、最近の風潮には、嫌-な感じがいつもしています。それを、自分の中で解消するために、自分のために書いて整理したいと思うのです。なんせ自分のブログですから。

    ―錦の御旗―というのは、黄門さまの印籠とちょっと似ていると思うのだけれど、「この印籠が目に入らぬか!」といって差し出されると、有無を言わさず「ははーっ」と言って、ひれ伏さなければならない、あれです。つい昔は、どちらかというと先進的・左派的な用語だった「弱者」[環境]「公平」「反戦」といったような言葉を、どちらかというと保守派がつかうことが多くなってから、その基準がどこにあるのか、わからなく気持ち悪い感じが付きまといます。例えば、昔の社会党や共産党が上記の言葉を使っているときは、それなりで「いつも同じことを言ってやがる」くらいで聞き流していたのですが、それなりで、労働組合や日教組や原水協も原水禁も内部で喧々諤々で、議論していたから、その議論の行方を注視していれば、この範囲だな、という感じがわかっていたのでした。そして、保守派はそういったひ弱な言葉を相手にせず、いつも「経済重視」と言っていたのでした。もちろんその背後には[愛国心]がチラチラ、時々見えていたのですが。

   最近の「嫌な気持ち悪い感じ」というのは、「愛国心」や「経済重視」という代わりに
「みんな」や「やさしい」「暮らしやすい」という言葉をつかう傾向です。(「ふれあい」という言葉が多用されるようになったころから気持ち悪くなってきたような気がします。)
安倍首相以下、政治家が「みんなで、一緒に考えようではありませんか」なんていう時は、最大に、その気持ち悪さが膨らみます。「みんな」って誰?「やさしい」って誰が誰に、何するの?「暮らしやすい」世の中って?インチキをするときの言葉としか思えません。それでいて、誰も反対できない言葉。-それを錦の御旗―と言ったわけです。

  先週、元歌手の(SPEEDというらしい)方がこの夏の参議院選挙に立候補しました。
記者会見で(ちょっとしか見ていないが)一生懸命、手話をつかってご自分の聴覚障害のあるお子さんのこと-から政治が見えたようなお話をされていました。‐気持ち悪。いのはなぜ? ネットでも立候補について賛否両論あるようです。「障がい者のことが理解される」「自民党に利用されてガッカリした」など。私がここで言いたいのは、やっぱり「利用されてる」かな。もし、ご本人が利用されても、障害者のために、とおもっているなら立派。もちろん障がい者のため、でしょうが、障がい者にもいろんな方がいらっしゃいますよ。それが全部わかるわけでもないでしょうに。また障がい者でも「安保法案賛成」のかたもいれば「-反対」の方もいるでしょうに。ご自分は反対らしいですが。

  もっと気持ち悪いのは、「ヘイトスピーチをネットから削除」さらにもっともっときもちわるいのは、スポーツ選手が国会議員に立候補すること・・・長くなるので,やめます。この感じ、わかる人はわかるけど、わからない人にはわからないか・・・
スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Ali  Batoota 

Author:Ali Batoota 
アリ バトゥータ
年齢・性別・国籍-不詳
関心事は、ファッション、政治、教育、言葉、生物、映画-なんでも

but,I have my own opinion.

最新記事

最新コメント

カテゴリ


« 2018 12  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR