FC2ブログ

渋谷で・・第4回

Dior (452x640) (452x640)


帰る途中で、もう一つ「つくる」に関連した映画をみました。
‘Dior and I’ (フレデリックチェン監督)

「初めてのオートクチュールコレクションをディオールですることになったデザイナー、
ラフ・シモンズとディオールのアトリエスタッフとの8週間(エッ8週間でオートクチュールできちゃうの!)を追ったドキュメンタリータッチの映画です。」

私は「服」の造形についてはプロではないので、それについてはその道に
譲るとして、もっぱら映画から伝わってくるものを書き連ねるだけですが、
正直言って、この映画からは、デザイナーが「美の形」を追求する苦悩もストーリーも伝わってくるとは言えませんでした。デザイナーにかかるプレッシャー(映画の中では元祖ディオールの亡霊となって表現されていましたが)は主には、LVMH社からの無言の圧力以上には感じられず、たぶんそれはマスコミ的な成功、ひいてはビジネスとしての成功なんでしょう―それ以上には感じられず。アトリエのスタッフの方が、それはわかっていて、だから、
オートクチュール製作中にも上得意の客のオーダーには逆らえず、なぜなら、彼女たちはそれをしなければ、自分たちの給料がでないことをよく知っているからです。その場面では、「そんな顧客の注文は断れ!」とシモンズが苛立つ映像も映るのですが、それは、デザイナーも会社側も知っているお決まりのセレモニーにすぎないのです。

 ただ、私はビジネスが絡むことがいけないと言っているのではなく、ビジネス的であれ、クチュール的であれ、いずれにせよ、その両方の高いハードルを(ある意味)自ら設定したデザイナーの頭の中にあるイメージを、アトリエスタッフが、まさに、それまでの経験と技術とを駆使してチーム製作するプロセスはとてつもなく、本人たちにとっても面白いだろうし、(映画のプロセスではなく、アトリエ内で行われているだろうプロセス)ここにも前回前々回2つの展覧会とは違った形の「つくる」が行われている事実がある。そして、私なら、この「つくる」に参加したいと強く思いました。(もちろん、経験も技術もないので、たんなる希望です。同じように、私はアーチストというほど美への探求心もなく東北の方たちのようなストーリーも持ち合わせてはいないのです。)

スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Ali  Batoota 

Author:Ali Batoota 
アリ バトゥータ
年齢・性別・国籍-不詳
関心事は、ファッション、政治、教育、言葉、生物、映画-なんでも

but,I have my own opinion.

最新記事

最新コメント

カテゴリ


« 2019 08  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR