FC2ブログ

東京雑感2

残念なグッチ
残念なGUCCI

グッチ2 (640x480)
表参道のGUCCI

やはり、立地と建物あってのハイブランドだと・・・


スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

東京雑感

ウイーンモダン (452x640)

IMG_0076 (640x480)
毎日書道展

 東京散歩
   この(土)(日) なぜか、蒸し暑い3連休なのに、東京の人込みの中を歩かざるをえなかった。

   国立新美術館では、「ウィーン・モダン クリムト/シーレ」展へ。行列行列行列行列 行列行列行列行列
-今日はクリムトやシーレについては敢えて語りません。「美術館ってこんなに混んでなくてはやっていかれないものなの?」という疑問について。ここのところ、ウィーン/クリムト/シーレ関連の都内で開催された美術展の話題をこれでもか、とTV・新聞で取り上げ、これをみないと話題に遅れるとばかり・・・いつでもこのパターン。そして、展覧会の最後はミュージアムショップで、「世紀末せんべい」だの「クリムトうちわ」になったり(団扇は行列の人全員に配布)こんなに大衆に媚びないといけない? (私の友人は、やはり国立新美術館で「ジャコメッティ―展」の際に、ミュージアムショップで「ジャコリン糖」なるかりん糖を売っていた、と喜んでいた、ことを付け加えておきます。ウーン秀逸かも))昔は(ほら出た口癖)美術館に行くと誰も居なくて、静かに鑑賞できたのに。(わかる、わからないは別として、若気で背伸びして自分でお金払っていったものです)
 あまりに混んでいて、展示品もろくにみえないので、さっさと出て、並びの「毎日書道展」へ。 しづかに見れるどころではなく、作品も西欧美術との違いに、19世紀、モダンとはいえ、ヨーロッパ文化の最後の饗宴のような色彩と激しさと一種、余白の美の追求との差に面白さを感じた。(エッそこ?) 多分、両会場を鑑賞する共通するお客さんは少なかったのでは。

  来週は参議院選 原宿の人込みをみながら、一体何人が、民主主義を真剣に考えて、投票に行くのかしら、と考えたら、本当にむなしくなってしまった。

   最近の朝日新聞の生地からの抜粋  :「第2次安倍内閣の発足から6年半。さまざまな不祥事や問題発言を重ねながらも、支持率は一定の水準を保ち続ける。なぜか。ゆるやかに漂う「安倍支持」の空気を追った。

 毎日欠かさずチェックするのは株価のチャート。米国の雇用統計も注視する。空き時間は外国為替証拠金取引(FX)の勉強に充てる。新聞もテレビもネットニュースも見ない。都内の男性(25)は、ベンチャー系のマーケティング会社で働く。「貯金しても無駄。今は借金してでもFXにつぎ込みたい」
 率直に聞いてみた。政治に対して、どう思うのか。「安倍さんはがんばっているんじゃないですか?」。なぜ。「うーん、なんでだろ う……」。そして、しばらく考えてから言った。「僕が生きていけているので。それに日経平均株価もいいし」
                                 ◇
 ここからは 私の罵詈雑言 「うーん、バカか。香港の若者をみろよ。日本の若者は、若者ではな「くばか者」-  朝日新聞に
   責任はありません。


  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

ベルリンは晴れているか

つばめ (480x640)
早く燕になりたいね

早くおいでよ(2) (480x640)
 ≪そして 3週間≫早くおいでよ

「ベルリンは晴れているか」 深緑野分 筑摩書房

  469ページの大作。 なんと日本人が書いた著作なのに、日本との関わりがある事柄は
一頁もなく、すべてベルリンの街に特化したお話し。時は1923年~1945年のヒトラーが
ミュンヘンで一揆をおこしてから、最後に自殺する頃までの、しかし、歴史の概要ではなく、
政治が庶民にどのような(多分に嫌な)心境の変化をおこさせ 生活にどのように影響を与えたかを、また、爆撃によって、ベルリンの街がどのように破壊され、どのように連合軍に統治されていたのか、まるでそこに住んでいたかのように、詳細に記述した書物。
  私個人も、戦中のドイツが舞台となった映画、書物、収容所の中の話し、スパイ映画・小説と膨大な量を今まで消化してきたけれど、戦後すぐ、ベルリンの壁が築かれる前の状態の混乱で、アメリカ軍とソビエト軍が(しかもソビエト内の権力争いの影響がベルリンにまで)どのように混在していたのかまで、詳細に描写している、とはまったく驚きの調査力。描写力。
  その中で、一つの殺人事件に、焦点があてられ、主人公の女性が戦後の混乱の中で
その殺人事件をどう解決するかが、話しの筋となる。-というところは、刑事フォイルに
そっくり。だが・・・
  残念ながら、刑事フォイルの倫理観は、伝わってこない。これだけのページ数は、
詳細な生活場面についやされるが、この主人公の心理に入り込むことはない。いわんや、倫理観などに。もちろん、このヒロインは刑事などではなく、一介の女性、しかも戦争に翻弄され、親が殺され、自分はレイプされ-だから、立派な倫理観など持てるはずはない、と言われれば、そうだけれども、小説としては、だからこそ、動機がうなづけるレベルでなければならないでしょう。-それは希薄だと思いました。(たんなる感想です)



  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

Ali  Batoota 

Author:Ali Batoota 
アリ バトゥータ
年齢・性別・国籍-不詳
関心事は、ファッション、政治、教育、言葉、生物、映画-なんでも

but,I have my own opinion.

最新記事

最新コメント

カテゴリ


« 2019 07  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR