FC2ブログ

この国のレベル

securedownload (478x640)
あーあ

    あーあ なんで、こんな河原にしちゃうんでしょうね。この間まで、葦が生えて、ヨシキリがの声が鳴き交わされていたのに。朝、橋の上からその姿を見るのが楽しみだったのに。一気にブルドーザで。しかも、ゲートボール場にするのか、時には、何にもしない場合も多く、予算の消化のためなんでしょうか?こういうことが多すぎる気がします。例えば、地域に親しまれている大木があったら、そこに住んでいる人に聞くってもんでしょう。 このブログの2015年7月の回に写真が載っている「ゴジラの木」も知らないうちに、切られてしまいました。(泣)
   以前にドイツのある町で、大きなビルが建つことになって。でも、そのビルが建つと、風の流れがかわって、あるいは強くなってしまうということで、住民との話し合いがもたれ、結果として、ビルのど真ん中に穴が開いている斬新な設計になりました、という話を読んだことがあります。かえって、そのビルがカッコよくなって、デザインってそういう過程を経ることなんじゃないかと思いました。そういう過程とはもちろん、民主主義です。だから民主主義を経ないデザイン(とまあ呼んだとして)はロシア構成主義もドイツの第三帝国国粋主義建築もなにやら似ているではないですか。そして、オリンピック関連の建築物や万博やどこかの国会議事堂も。ぜーんぜん、美しくない。
   この国の民主主義レベルと言ったら(と建築からいきなり議論の話しになりますが)最低。私と意見を異にするからではなく、議論にも何にもなっていないレベルです。つい最近の森友問題関連のことを指しています。首相の頭のレベルが低すぎます。国会議員も。こんなことを言うと、お前はどんなに頭がいいんだ、と言われそうですが、だって・・・
教育勅語は戦後の国会で否定されているわけですから(この際、内容はともかく)肯定する人は、その否決内容に対して反論しなければいけないでしょう。なのに「親孝行はすべきだ」とは((;´д`)トホホ  そして、議論を封じる。感情論。これが国会なんですよ。ほとほとこの国が恥ずかしいです。こんな議員、選んだ人がどうかしてます。とまあ、ここでほざいていても、知らないうちに、気が付くと周りは、その選んだ人ばかり、という世の中になるのかしら。照ノ富士に「モンゴルへ帰れ!」って叫んだ人が居たらしいですね。ほんと悲しい。

スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. / comment:1
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

Ali  Batoota 

Author:Ali Batoota 
アリ バトゥータ
年齢・性別・国籍-不詳
関心事は、ファッション、政治、教育、言葉、生物、映画-なんでも

but,I have my own opinion.

最新記事

最新コメント

カテゴリ


« 2017 04  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR