FC2ブログ

2つのTVドラマ②

IMG_4222 (480x640) やまぶき


② 二つめは「やすらぎの刻~道~」です。 えーっと気が抜けてしまうでしょうか。「昼ドラかー」と。しかし、どっこい、こんなところで骨太のTVドラマを延々とやっていたなんて。 本来NHKでやってほしかったと思います。元々は一昨年の「やすらぎの郷」の続編シリーズです。その時は、単に懐かしの俳優たちが出演する、というので「見てみた。」「見てみたら」やはりただものではなく、老人問題(認知症から恋愛問題まで)を老人俳優たちが本気で演じることで、嘘っぽくなく、視聴率もとったのでした。そして、その続編でまた同じことを、やるかと思えば、見事に裏切られ(倉本 聰に)なんだ、若者の成長期もののNHKの朝ドラの追随か、と思ったら、また裏切られ、本当は、倉本聰がやりたかったことはこれだったのか、ということが今や、明らかになりました。テーマは「戦争というもの と 市井の人」です。脚本が実に巧みな、入れ子構造になっています。
  
  「やすらぎの郷」の続編でありながら、骨は昭和16年頃の戦前から戦争に突入する時期の農村が舞台であり、その人たちの
運命(戦争に翻弄される)であり(私たちは、その後の満蒙開拓団を知っているが故に、その時代と現在の私たちが入れ子として重なり合う)また、その時代でもやはり老人たちが問題を引き起こし(問題は問題ではない)いつか老人になる青年の恋と入れ子構造になっているのです。「認知症の老人が、かつて若いころ、愛した相手に会いに行くと言って、山道を三里も歩くだろうか?」という問に、主人公の青年が「俺たちも、いつか老人になって・・・(みればわかる)」とは言いませんが、そのように思いを馳せるとき、初めて老人問題を考える視点が示されるのです。 そして、いつも戦争では、弱者が犠牲になるがゆえに、「問題」になってしまい、だからこそ、戦争へのストッパーになるのですが・・・このような国策として戦争を、正面きって批判をする。テレビ朝日の昼帯の時間に展開するのに、倉本氏が前シリーズの高視聴率を利用したのでは、と私は、勘繰るのです。実に何重にも入れ子構造なのです。


スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

2つのTVドラマ

IMG_0003 (480x640) (480x640)山シャクヤク

現在、TVドラマで、シリーズで視聴しているものが2本ある。それについて:
①  一つは、NHK BSでやっている「刑事フォイル (原題Foyle’s War)」である。
 一昨年 第一シリーズが放映され、現在は第二シリーズである。第一シリーズでは’War’と言っているのは第二次世界大戦を表現している、のだが、フォイルは刑事として、市井の殺人事件や詐偽や強盗事件を追う。そこで、もう一つ「闘う」のは・・・。まず、驚きなのは、戦時下でも、「普通の」警察がイギリスには存在していたのか、ということ。 日本で、戦時下に警察というと「特高」しか浮かばない。「特高警察」はもっぱら思想犯に対して(でっち上げも含め)治安維持法を乱用し、戦争に協力しない人間を取りしまっていたから、一種、軍隊といってもよい。戦時下でも民事に絡む殺人事件などもあったはずなのに、日本では、ともかく戦争一色である。イギリスでも、もちろん、そこには戦争が関わるわけだが、(なぜなら、刑事事件は、多分に社会が生み出すからである)-そのスタンスでドラマが製作されている。そして、そこが真骨頂。

  つまり、戦争中では、殺人(敵国人に対する、また戦争に反対する同国人や隣国人に対するもある)は大義の陰でどうでもいいこととなってしまいがち。その中での痴情関係のもつれの殺人や戦争の英雄の汚職は「やってもいいこと」「たいしたことではないこと」として処理されがち。なのに対して(実際、ドラマの中で権力者が、そう口にする)フォイルは敢然と正義を貫く。「いけないことはいけない」と-偉人に忖度しない。
感心するのは、脚本で。「正義を貫く」といっても完全懲悪のどこかの時代劇のようにはならず、人間の心の機微を見通す洞察力をもって、然し、忖度も同情もせず(偉人ばかりとは限らない。戦争の犠牲者のような犯罪人もいる)倫理観が確立している人間として描かれる。権力には阿らない。

第二シリーズでは、第二次世界大戦が終結し、イギリスは台頭してきたソ連と勝者のアメリカそしてナチスの残党(といってもイギリスに取り込まれている)の間に立って、ますます、人間としての倫理観が試される立場にいる。つまりWar が常態化している。そしてフォイルはなんと、立場も立場、MI-5に所属するのである。しかし彼の倫理観は健全である。彼のお抱え運転手だったサムーおっちょこちょいなところがある―と彼女の夫が―国会議員である―政治の世界に身を置きながら、潔癖を貫けるか-を合わせ見ると、ドラマがますます、面白い。

   背景枠組みは、全部史実とおり。例えば、最新の「ハイキャッスル」の「モノビッツ強制収容所」というのもアウシュビッツの第3群の収容所として存在していて(していた。壊滅したらしい) そこで、ドイツのイーゲーファルベン社(重化学工業)がナチスと協力してー云々。戦後、人道に対する罪に役員などが問われ全員有罪ー云々 という話。実名だもの。 ビジネスの世界では、どこの自国とは関係なく、例えばアメリカは、戦争に乗じて、イギリスに協力し、金を稼ぎ、なんと裏でナチスとつながっていたなんてことは想像ができることだけれど、その前に「シンドラーのリスト」のようにナチスの「悪」からユダヤ人を助けるアメリカ人もいるという単純な脚本があり(スピルバーグ)だね) これが、日本のドラマだと、母国に戦争協力したら、よくて、敵国に協力したら、非国民という、(裏返しで、最近やけに外交官の杉原千畝を持ち上げるTVバラエティーが多いけれど)そういう単純な話になってしまいがち。 一方、「フォイル」では、以上のような複雑な国際情勢を踏まえながらも、個人、自分は、強制収容所の存在を知っていて、どうふるまうのかが、問われているのですよね。(1985年ヴァイツゼッカー大統領の演説にあった如く)そういう倫理の問題に、戦争の話を置き換える脚本(アンソニー・ホロビッツ)が素晴らしい。
  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

誰か教えて!

IMG_2672 (478x640)
木・木

   高校生のころは、同級生との会話を通じて、そして大学では政治学科と(ただし、そんなに勉学に勤しんだ口ではなくテキトーな大学生として)政治用語に触れてきた人間ですが、その中で「立憲主義」とか「民主主義」とかの基礎知識が与えられたと思っています。しかし、今、はなはだ疑問なのは、首相や官房長官が口にする言葉で、最近(3月15日現在)では「 我々(政治家側)は、選挙を通じて選ばれたのだから国民を代表している」だから「何であれ、自分たちの決定は正しい」というかのような。逆に、「マス・メディアは、一私企業にすぎない。」ということを臆面もなく発言されることです。民主主義について深い議論を今、ここでしたいのではなく、私の素朴な疑問は、彼らが、どこでそういう考えをお持ちになったのか、ということです。彼らとて、政治を専門にしているくらいの人間ですから、私以上に、政治について議論し、政治学の本も読んだでしょうに。「民主主義は多数決だ」と単純化してしまったり、「民主主義はマス・メディアの発達と歩を一にしている」という常識が、歴史的に見ればわかることですのに、J.S.ミル (多数者の専制とか、様々な人が論じている「大衆社会論」とか勉強しなかったのでしょうか。

それとも、私の勉強の仕方が、偏向していて(そんなに恣意的に先生を選んだわけでもないのですが)彼らと、決定的に真逆の教育を受けたのでしょうか。私は、基礎から間違ったと。私は地元の公立高校を経て、検定教科書を使って政治、倫理、社会を勉強してきたのですが、彼らは、どこの私立でどんな教科書(は検定のはず)・ 本を読んだのでしょうか。その本を私も一度、読んでみたいのですが、どなたか教えて頂けないでしょうか。想像するに「我が闘争」とか? 小学校は、森友学園とか(これは冗談) でも優秀な成績で高校、大学を過ごして来られたのですよね。
ミッテラン大統領時代の閣議では、時々、政治哲学が議論されるなどという新聞のコラムを、昔、目にしたことがありますが、その時は、どういう共通知識が土台になっていたのでしょうね。モンテスキューでしょうか、サルトルでしょうか。

     もう一つ、考えられるのは、彼ら(首相や官房長官)が受けた教育に原因があるのではなく、彼らは、自分の発言は民主主義に反するということを十分知っているのですが、一度、権力を得てしまうと、その居心地のよさ(周りの人々が忖度してくれる)から抜け出せず、どんな嘘でも出まかせでもいいので、「選挙に勝ち」、「勝ってしまえば官軍」という態度に出ている、というものです。「選挙に勝つ」のは、案外簡単で、ある程度の基礎票さえあれば、あとは「消費税をあげない」とか「働き方改革」とか言えば、世間の人(大ざっぱな言い方ですが)は、自分の利益のことしか考えないので、次々に甘言の罠に落ちるからです。やっぱ、そうなのでしょうか? 人間の性? 

  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

共感の強要つづき

IMG_2469 (640x478)
2つの壁


オリンピックのことを悪く言うばかりなのは、性格が悪いと思われるので、オリンピックのことを「良く」思おうとして、こんな記事を見つけました。「1月17付 朝日新聞 私の視点 持続可能な社会へ 東京五輪の重要な役割 アリソン・スメイル」
アリソンさんは国連事務次長 グローバルコミュニケーション担当の方で、東京オリンピックはSDGsの推進という意味で大変重要だと主張しています。

SDGsというのは「地球の環境を悪化させない。極度の貧困や飢餓に終止符を打ち・・・などの目標を30年までに達成するために、企業や市民社会、学会、エンターテイメントなどあらゆる影響力をもつ分野が力を合わせる(合わせて欲しい)ということだが、スポーツの力は、はずせない。「スポーツには、平和と開発を促す力がある」というわけだ。

 「国連が大会に合わせて計画しているのは、著名人や関係者が次々に集まってはSDGsについて短いトークを重ねるメディアゾーンの設置だ」というやり方だそうだ。
「こうしたストーリーの上に私たちが、地球の蔦嵩を確保するためにどのような、連携ができるかについて、もう一つのストーリーを重ねられないだろうか」と彼女は述べている。

 と、ここまで書き写してきて、うーん、やはり甘いかな・・と悲観的な私は思う。
SDGsが国際協調の枠組みだ、国際協調はオリンピックだ、という発想?「世界は一つ、東京オリンピック」というのはどこかで聞いたスローガンだが、そこから一歩も進んでいない。
SDGsは、本当に必要。「気候変動」「資源管理」「生物多様性」「人権・労働、公正な事業慣行等への配慮」「ジェンダー平等」などなど・・の課題に対して、待ったなしの状況にあるが、結局、このお金の使い方、賄賂の横行、ゼネコン、世界の大企業が儲かる仕組みこそオリンピックの本質と言うことを考えると、地に足のつかない、またぞろ「夢・理想」だけを
語る機会になる恐れが大いにある。「金」の数を数えるのをやめよう!というくらいのメディアがひとるでもいればなあ、少しは希望が見えてくるのだが。

  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

共感の強要

IMG_2581 (640x478)
2つの壁

最近、ビックリするのは、TVニュースに映し出された皇居の「一般参賀」の人の多さ、や、(ちょっと古いけど)オリンピック選手の凱旋パレードでの観衆の多さ、その他、私の住む中くらいの地方都市だけれど、地元のサッカーチームの優勝パレードの盛り上がりなど・・・日本人って、こんなに熱くなる民族だったっけ???というか、この私が使った「民族」とか「日本人」という単語がキーワードになって、こんなに盛り上がれるんだ、という驚き。もっと、昔の人(4~50年前)の方がシラーっとしていたような気がするのだけれど。というか、「人前で恥ずかしい」という意識があったような。

 そういうわけで、2020年のオリンピックについての盛り上がり(盛り上げ方)がすさまじい。あれだけ、TVで「感動」だの「夢」だの言われると、小学生などひとたまりもない。(大人でさえ)嫌な感じ。

 同じようなことで、最近の映画の盛り上がり方も、ものすごい「ボヘミアン・ラプソディ」がすごいらしい。共感を共有(冗語?)するんだそうで。政治や論理でないから「いいじゃん、盛り上がれば」という人もいるが、政治家や学者じゃないから、私たち国民がそういう道具にされやすいのでは?と思う。(盛り上がる)練習ができているから、そして、政治家は「国民の支持を頂いているので・・」といいように利用する。嫌だ。

ついでですが、「国民」で思い出したが、そのオリンピックに出るらしいスポーツ選手などが「国民の皆様の期待に応えられたかな・・」みたいな発言をインタビューでしていたが、なんで「国民」なんてお前に言われるんだよ、という気がする。選挙した覚えないし、けど、多分、その人の中では、もう全部の「国民」が自分を応援してくれるものと、思っているんでしょう。きっと、引退したら選挙にも出馬するんでしょう。その練習もしてるわけね。オー嫌だ嫌だ。

 言っときますが、私はスポーツ大好き人間です。でもこの国のスポーツの在り方は
全部オリンピックを向いているの。違うと思う。-つづく

  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY »

プロフィール

Ali  Batoota 

Author:Ali Batoota 
アリ バトゥータ
年齢・性別・国籍-不詳
関心事は、ファッション、政治、教育、言葉、生物、映画-なんでも

but,I have my own opinion.

最新記事

最新コメント

カテゴリ


« 2019 05  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR